lol ドッジについて一言以上物申す!!

どうも!ありえすです。

みなさんドッジしてますか?

それともドッジって何?
って感じですか?

今日はlolのドッジについて
私の経験論から
色々な事を書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

lol ドッジとは

そもそもドッジって何?
と言う人のために
ドッジの意味を簡単に説明しておきます。

ドッジとは英語でdodgeと書き
避ける、回避する
という意味で使われる言葉です。

lolにおいてドッジとは
マッチングされた試合を放棄する事です。

lol ドッジのやり方は?

lolのドッジのやり方ですが
いたって簡単です。

マッチングしてチャンピオンピック画面に
行きますよね?

そこでlolのクライアントを落とせば
ドッジした事になります。

補足ですが
ランクでBANピックを確定しなかった場合も
ドッジ扱いなので注意が必要です。

lol ドッジってペナルティはあるの?

lolのドッジはペナルティがあります。

サモナーズリフトのランク戦において
ドッジペナルティは以下のようになります。

  • 1回目 3LPぐらい失う。待ち時間は5分程度
  • 2回目 10LPぐらい失う。待ち時間は30分程度

2回目からそれなりにLPを失うし
待ち時間も長めに設定されているので
注意が必要です。

ドッジをするべきか?しないべきか?

さて多くの人が悩む点といえば

ドッジをするべきか?しないべきなか?

これでしょう?

ここからは私の経験論から語るので
賛否両論あるかもしれませんが
参考にしていただければと思います。

これはドッジしたほうがいいなと思う点

以下の点を元に解説していきます。

  • ピック中にチャットファイトが始まったとき
  • 一緒に組むと勝ったためしが無いチャンピオンをピックされたとき
  • レーン交換を申し入れられたとき
  • プリメイドと組まされて、だいたいの場合、相方が大フィードして足を引っ張ってると分かったとき
    • ピック中にチャットファイトが始まったときはドッジしたほうがいい理由

      lol-ドッジ-味方がチャットファイトを始めた

      味方の戦績を見ていきなり味方を煽り始めたり
      前回の試合で大フィードしたやつと組んで
      ケンカが始まったりと

      トラブルのもとは多々あるけど
      こんな感じでチャットファイトが行われる場合

      試合始まる前からこんなに雰囲気が悪かったら
      間違いなく試合開始から害悪行為が始まります。

      こういう場合はサレンダーが通らない事も多く
      時間の無駄になるのでドッジしたほうがいい
      と思います。

      一緒に組むと勝ったためしが無いチャンピオンをピックされたときはドッジしたほうがいい理由

      lol-勝ったためしがない

      なぜかこのチャンピオンと組むと
      自分の勝率が悪い。

      勝ったためしがないという経験はありませんか?

      私の場合は圧倒的に多かったのが
      ヴェインでした。

      皆さんもこのチャンピオンが味方に来ると
      勝ったためしがないから嫌だ!!
      というチャンピオンがいると思います。

      なぜかそのようなチャンピオンに限って
      敵に来るとめちゃくちゃ強かったり。

      例えばヤスオとかリヴェンとかリーシンとか。

      でも味方に来ると大フィードするパターン。

      このような経験はありませんか?

      気持ちの問題もありますが
      嫌な気持ちで試合に挑んでも
      だいたいその事が頭にいっぱいになり
      プレイに集中できないでしょう。

      また実際に大フィードされると

      ほら見たことかとストレスをためる事になり
      精神的にもよくはありません。

      なので負ける事を見越して
      ドッジするのもありだと思います。

      レーン交換を申し入れられたときはドッジしたほうがいい理由

      lol-ドッジ-メインロールを他人に譲る

      日本人の譲り合いの精神は
      素晴らしいと思います。

      ですが…これがアダとなってると感じる事も
      多々ありました。

      今回は自分のメインのロールを
      実力の分からない他人へ譲る事です。

      多くの場合、大フィードへの片道切符でした。

      また外国人の場合

      マッチングが早い事をいい事に
      サポートロールを選んでおいて
      ピック順番が早いとなると
      別のロールを強奪する人もいたのは驚きました。

      さすが外国人。
      モラルのかけらも無い。

      ここからチャットファイトが始まり
      案の定トロール行為で試合は無条件に負け確定。

      このようなことから
      メインロールの交換の話が出ると
      悪いイメージしかないので

      ドッジしたほうが無難だと思います。

      プリメイドと組まされて、だいたいの場合、相方が大フィードして足を引っ張ってると分かったときはドッジしたほうがいい理由

      プリメイドがクソなのは
      みなさんもご存知だと思います。

      プリメイドの多くは
      実力が同じ人達という事はまずありません。

      だいたいはプリメイドの中で実力が高い人と
      普通もしくは実力が伴ってない人が
      組んでいると思います。

      そして普通もしくは
      実力が伴ってない人の多くが
      味方に文句を言うのが定番です。

      さて多くのクソプリメイドを見てきた経緯から
      このようなクソプリメイドを避けることは
      できないのか?

      数多くの経験から傾向を導きました。

      実力の伴ってないプリメイドは
      かならず実力不足の相方が
      KDAで足を引っ張っています。

      これは勝っていようが負けていようが
      同じ結果です。

      勝ってもデスのほうが多い。
      もしくはキルとデスがほぼ一緒。

      負けは大フィード。

      普通の人もしくは
      実力の伴っていないプリメイドは

      だいたいKDAを見れば
      その傾向はだいたい掴めます。

      その冴えないKDAと相方プリメイドのKDAと
      メインチャンピオンの勝率
      そして直近の使用チャンピオンのKDAなどを
      比較してみてください。

      実力があきらかにかけ離れているか
      それともエンジョイプリメイドか
      はっきりするはずです。

      メインチャンピオンと思われる
      チャンピオンの勝率の悪さ
      直近のKDAと統計データの乖離値

      比較してみると
      なんだか臭うな…と感じた時点で
      ドッジしたほうがいいと思います。

      多くの場合、
      敵にきちんとしたプリメイドが来て負けます。

      別にドッジは必要ないと思う点

      以下の点を元に解説していきます。

      • 勝てない時は何やっても勝てない
      • 戦績だけじゃ判断つかない試合も存在する
      • 味方が弱くても勝ちあがってきた経験からドッジは必要ないと感じたから

      勝てない時は何やっても勝てないからドッジしても同じだよねという話

      lol-何をやっても勝てない日

      勝てないときは何やってもダメな日が
      存在すると思います。

      なんか調子が悪い。

      最初のジャングルMOBを狩るタイミングで
      ジャングラーが青バフ狩り終わって
      さぁ赤バフ狩りに行くか~~って時に

      トップがファーストブラットの悲鳴をあげ
      おまけにミッドもなんか分が悪そう。

      分が悪いのに1vs1を仕掛けて死んで行った。

      トップ、ミッドの早期崩壊。

      こんな不可抗力的な負けが続く事って
      あると思います。

      味方の傾向を見てドッジしても
      たいていの場合はペナルティ解除されたら
      マッチングキューにつなぐでしょ?

      こういう嫌なマッチングが起きると
      次も同じように嫌なマッチングになるんですよ。

      直近で嫌な思いをしたのが
      日本鯖のランク振り分け1戦のミスと
      LP減少問題。

      ランク振り分けを1戦で行った事により
      実力が伴ってない人の多くが
      シルバー上位やらゴールドやらに配属されて
      ブロンズが過疎ったでしょ?

      適正レートに行くまでLP少なくしますよって
      理不尽な対応をされたでしょ?

      これはマッチングおかしくなるなと思って
      1戦1戦の戦績を見ながら
      どんなのがマッチングされるんだろうって
      傾向を見ていたんだ。

      多くの場合は
      10連敗ぶちかましてるフィーダーか
      クソプリメイドかunrankedと
      マッチングされる事だった。

      ちょうどこの対応が入るときに
      ゴールドの昇格戦に入ったから
      とてつもないストレスを感じた。

      ゴールドへの昇格戦2回失敗し
      戦績を見て臭うやつがいたらドッジしたが
      ドッジしても流れは変ることはなく

      落ちるところまで落ちろという
      システムに逆らう事は出来なかった。

      だからドッジしても
      ランクに挑むのであれば
      誰もが通る道なんだと思って
      ドッジをしなくなった。

      戦績だけじゃ判断つかない試合も存在するから

      たまたま調子が悪かっただけかもしれない…。

      連敗を重ねた人が来ても
      ポジティブな思考で勝てた試合も存在するから

      戦績だけじゃわからないなと思うことも
      少なからずあった。

      だから流れに身を任せてみるかという思いで
      ドッジはしなくなった。

      味方が弱くても勝ちあがってきた経験からドッジは必要ないと感じたから

      lol-勝利へ導く事が勝利への近道

      中国のLOLはピック時にサモナーネームが
      番号になっており名前が見れません。

      チャットで話してもらわないと
      名前が分からない仕様になっているのだ。

      またOPGG的なサイトはあるだろうが
      ピック時に名前が番号であることから
      名前を調べる事が早くできないため
      戦績など見る事が出来ないのだ。

      そうなると
      味方がフィーダー野郎だろうが
      クソプリメイドだろうが
      戦わなければならない。

      私は今期シーズン6において
      ブロンズ4スタートからゴールド3まで
      戦い抜いた。

      味方が弱くても自分の戦略をもとに戦い抜いて
      這い上がった自信からドッジしなくても
      別にいいかと思うようになりました。

      戦略が刺さればレートは上がるわけだし…。

      そんな感じで日本鯖でも
      ドッジはあまりせずに
      自分の戦略でランクに挑んでいます。

      でも今までのストレスから開放されたのか?
      と言われれば

      歯がゆい思いをして遠回りをさせられ
      時間の無駄をしたという思いは否めません。

      これからも苦い思い出として
      語り継がれていくでしょう。

      おわりに

      ここまで読んで頂きありがとうございます。

      さてドッジする、しないの両方の観点を
      私の経験論で書いてみましたが
      いかがでしたか?

      時間の無駄をしたくないのであれば
      ドッジをすればいいでしょう。

      自分の実力でこの悪い状況を変えて見せると
      思うのであれば
      そのまま試合を続行するのもありですね。

      私は低レートの戦績をみても
      目くそ鼻くそレベルだと思ってるので
      試合開始時は戦績などは見ずに
      試合に臨んでいます。

      負けたときの時間の無駄は
      確かにストレスを感じます。

      でも戦略が刺さって勝ったときの
      達成感もまた良いものですよ。

      それでは楽しいLOLライフを!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Twitterもしてるのでフォローしてね♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク