lol用の自作PCパーツ更新!!グラボとメモリを取り替えた結果

lolプレイ中に画面が真っ白になったのでグラボとメモリを買い換える事にした!!

この記事の続きです。

1グラボとメモリが届いた

注文していたグラボとメモリが届いたので
自作PCのパーツの更新手順と
LOLプレイ中に白画面にならないか
検証もかねて解説していく。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

グラボとメモリ交換手順

以前使っていたグラボは
Radeon 7850 PCI-Ex16

新しいグラボは
NVIDIA GeForce GTX750Ti PCI-Ex16

別のメーカーなので
変な動作してもらっては困るため
AMDのドライバーはアンインストールする。

画像手順はこんな感じ。

2-1プログラムのアンインストールボタンを選択

2-2AMDインストールマネージャを選択して削除

2-3ソフトウェアとドライバーのアンインストールリストがでてくる

2-4AMDアンインストール完了

アンインストールが完了したら
電源OFFする。

CMOSをクリアしてハードウェアの情報を初期化しよう

CMOSクリアして以前のハードウェアの情報を
まっさらにする!!

グラボもメーカー違うし
メモリも新しくして
デュアルチャンネルで使う予定だし

昔の情報が悪さしても困るから
まっさらに初期化します。

CMOSクリアの手順は以下の通り

電源抜きます。

電源を抜く

数分置いて…。

マザボのマニュアルを見て
CMOSの消去ピンにあわせます。

CMOS-消去pinはこうやる-マザボマニュアルから

CMOS-マザボ-実際の画面

5秒くらいそのままにするようにと
マザボのマニュアルに書いてあったので
5秒そのままにします。

そして元のピンに戻します。
これでCMOSのクリアは完了です!

グラボの交換

次はグラボの交換作業をします。

前のグラボを外します。

前のグラボを外す

新しいグラボの
NVIDIA GeForce GTX750Ti PCI-Ex16ですが
評価で言ってた通りコンパクトですね。

GeForce750Ti

自分で思ってた以上にコンパクトかも。

まえのRadeon7850と大きさ
比較してみましょうか。

6-3Radeon7850-GTX750Ti-私の手のサイズ比較

手のひらサイズくらいですかね。
そこそこ小さいです。

さて、新グラボをつけます。

新しいグラボを取り付ける

小さいので取り付けも簡単でした(笑)
コンパクトっていいね!

メモリの交換 デュアルチャンネルの場合の注意点

次にメモリの交換をします。

以前のメモリはG-SKILLの8GB2枚
1個壊れる。残ってるやつもなんだか怪しい。

新しいメモリは
Crucial DDR3 1600 8GBメモリ2枚

今回8GBのメモリを2枚挿しますが、

OSが32bitの場合だと
8Gは認識しないらしいです。

私のOSはWin7 64bit Professionalなので
その点は大丈夫です。

そしてメモリの2枚挿しは
デュアルチャンネルで動作させます。

まぁデュアルチャンネルを分かりやすく言えば
少しだけメモリの処理が早くなる
おまじないみたいなもんかな(笑)

さてメモリの交換をします!

以前のメモリを外します!

G-Skillのメモリ

新しいメモリを挿します!

メモリを持つときはサイドを持ちましょう!

このようにね。

メモリの持ち方

デュアルチャンネルで利用する場合
メモリの挿し方が決まっています。

マザボのマニュアルでは
以下のような挿し方で説明されています。

7-3デュアルチャンネルでのメモリの挿し方

マザボのメモリスロット

このようにA1とB1、A2とB2
というようにメモリを挿します。

最初A1とB1に挿しましたが
B1のほうが認識せず8GBで
立ち上がってしまいました。

BIOS見るとSingleChannel
となっていました。

BIOSでメモリが1枚しか認識しない

ファック!!

ここでA2とB2を試しました。
すると上手く成功しました。

コンピュータのプロパティーで
システムの情報を確認すると
16GBできちんと認識されています。

7-6メモリを認識した

ディスプレイドライバを入れる

グラボのドライバが入ってないので
画面の表示が小さいです。

画面のアイコンがでかい

このようにアイコンがビックです(笑)

グラボ付属のドライバCDをインストールします。

ドライバーインストールCD

8-3ドライバー選択

8-4win7-64bit選択

これで以前と同じように
画面が大きく表示されます。

8-5ドライバインストールで画面は正常の大きさに

DirectXがきちんとグラボを認識しているか確認する

プログラムとファイル検索で
dxdiagと打ちます。

11-1dxdiagで確認

DirectX診断ツールが出てくるので
ディスプレイタブに合わせて
デバイスの確認をしましょう!

11-2dxdiagOK

ちゃんとGeforce GTX750Tiってなっていますね!

これで完了です!

さっそくLOLをプレイして
プレイ中に画面が真っ白にならないか
チェックしよう!

LOLプレイ中に画面が真っ白になるかチェック

12LOLプレイ

ARAM行ってきました。

数時間プレイして
何事もなくプレイする事が出来ました!!

やったぜ!

グラボ メモリ 交換 まとめ

問題なく動く!

そして新グラボがコンパクトで補助電源いらず。
これはかなり感動した。

余談ですが…

SSDの書き込み設定の問題だと思うんだけど
30GB空きがあったはずなのに
なんか13GBになってた…。

なんでだ?

ドライバーでそんな食うところあったっけ…。

たぶんSSDの容量がどんどん減る問題で
検索したら分かると思うけど
たぶん…書き込み設定の問題だと思う…

な~~んか解せないな…。
ファックSSD

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Twitterもしてるのでフォローしてね♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク