lol ADCから見た上手いサポートの特徴ベスト6選

lol-ADCから上手いサポートの特徴

フィオラ先生
は~~い♪フィオラよ♪
フィオラ先生
今日はADCから見た、このサポート上手いなって人の特徴を紹介していくわ。
フィオラ先生
出来ていると思ってる人も今一度、自分の動きを見直す事ね。
フィオラ先生
それじゃ始めるわ。
スポンサーリンク
スポンサードリンク

ヒールに固執しない

フィオラ先生
ヒールしかしないサポートは少しだけ立ち回りを改善したほうがいいわ。
フィオラ先生
例えば通常攻撃当てれる位置にいるなら通常攻撃当てるとか。

ヒーラーサポートでも攻撃スキルはあるので
出来る事はヒールだけじゃありません。

なので攻撃できるチャンスがあれば
攻撃するべきです。

またソラカみたいに自身の体力を削って
回復するチャンピオンの場合

ヒールしなくていい場面で
ヒールしすぎて自分が死ぬパターンを
よく見かけます。

そのヒール本当に必要?

少し考えてみてくださいね。

ハラスはするが相手からダメージはあまり貰わない

フィオラ先生
敵の体力を削るのは良いこと。
フィオラ先生
だけど相手から反撃をもらうようじゃまだまだダメね。

ファームを妨害しようと敵を攻撃するのは
とても良いことです。

しかし距離感を考えずに前に出すぎて
反撃を一身に受け止めちゃうケースがあると
思います。

相手のスキルを誘発したり避けたりして
距離感を考えながら戦いましょう。

間違っても味方ADCが
最初にヒールを使って
不利な状況にならないようにしましょう。

ADCとぶつからない

フィオラ先生
低レートに圧倒的に多いのがこれね。
フィオラ先生
あなた達…ぶつかりすぎよ(笑)

たぶんADCはこうあるべきみたいな
教え方の中で棒立ちしないみたいな
教え方が頭にあるんだと思うのですが…。

ぶっちゃけ味方とぶつかるようだと
動き読めちゃいます。

おまけにADCとぶつかる動きをしていると
敵から見たらシメたもので

『あぁここにエリアスキルぶちかませば2人まとめて殺せるわ(笑)』

↑敵はこのようにシメシメと思うので

お互いぶつかる事がないように動きましょう。

あまりADCが動く場所に
近寄らないのが良いですね。

お互い行動が読まれないように動こう。

もう最悪、相手のスキルを避けれる距離感を
保ってあまりうろうろしない
ってのもありです。

相手がスキル撃ってくるなと思った時に
動いたりしたほうがいいです。

変にADCと体が重なって
まとめて殺されるほうが問題なので…。

相手のLVをきちんと見ている

フィオラ先生
LV差を考えずに勝てると思ってるのか突っ込む人を見るわ。
フィオラ先生
敵のほうがLVが高いのにしかけてどうするのかしら。
フィオラ先生
敵のほうがLVが高いのに無駄にハラスしてどうするのかしら。
フィオラ先生
体力とマナの無駄よね。

レーン戦をしていて思うのが
ミニオンキルの量が勝ってるのに
相手のほうがLV上がるのが早いという

わけの分からない現象がたまに起こります。

とくにキルが発生しているわけでもないのに
この現象が起きるのです。

特に押している側としては
この現象に気づかないことが多いです。

そして敵のLVを把握せずに
勘違いして突っ込んじゃうサポートがいます。

そこでLV差で劣勢においやられて
負ける事がしばしばありました。

なので優勢であっても
相手のLVだけは確認するようにしましょう。

お互いのミニオンの量を把握している

フィオラ先生
敵ミニオンが多いときは通常攻撃は控えめにして敵とあまり交戦しないほうがいいわ。

敵ミニオンの量を確認してから
戦いましょう。

たとえこちらが優勢だったとしても
敵ミニオンがあまりにも多いと
敵ミニオンの反撃にあって
最悪こちらが負ける事もあります。

もし味方ジャングラーが来て戦う場合は
草むらに一度入って
敵ミニオンのターゲットをはずしましょう。

お出かけ上手

フィオラ先生
上手いサポートはお出かけも上手いのよ。

ADCだけ育ててもダメな時って
あると思います。

他のレーンへ干渉して
全体を通して勝利へ導きましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Twitterもしてるのでフォローしてね♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク