lol 集団戦や小競り合いの殴り方の基本は敵を挟み込む事!!

フィオラ先生
は~~い♪フィオラよ♪
フィオラ先生
今日は集団戦や小競り合いの時の殴り方について講義を開くわ。
フィオラ先生
これが出来るか出来ないかで敵をしとめれるか逃げられるかに違いが出るのよ。
フィオラ先生
だからプレイ中は是非とも意識して実践してほしいわ。
スポンサーリンク
スポンサードリンク

複数人で敵を殴るなら挟み込むのが基本

フィオラ先生
敵を複数人で殴るならサンドイッチのように挟み込みなさい。
フィオラ先生
なぜ挟んだほうがいいのか分かるかしら?

キャラクターが前に立ちはだかると遠回りするようになっている

lol-集団戦や小競り合いにおいての殴り方イメージ図

フィオラ先生
この図のように挟みこむことで、敵は前方のキャラクターに阻まれて立ち往生するのよ。

とくに遠くの方向にクリックして逃げる人は
上手く動けなくなる現象に陥ります。

遠くをクリックすればするほど
遠回りをするような移動の仕方に
なるようです。

LOLがアップデートをするたびに
『なぜそっちに移動するのか?』
とイライラするような事が
顕在化してきています。

あなたは遠くのマップをクリックした際

『なぜそっちから行くのだろう?』
『こっちから行ったほうがいいのでは?』

と思った事はありませんか?

そして方向転換を余儀なくされた事は
ありませんか?

これを集団戦や小競り合いで利用するんです。

まず敵が近場をクリックしながら
細かい動きをする人は
あまり居ません。

たぶん逃げるのに必死の人が
多いでしょう。

実践すると以下のようになります。

挟みこまれると
やられた側は結構うざいと感じるんですよ。

上手く逃げ出すには

  • 移動系スキルを使うか
  • フラッシュを使うか
  • 近場をクリックしながらキャラクター避けるように操作するか

このようにするしかありません。

キャラクターが大きければ大きいほど
その影響力は上がります。

味方と同じ位置で殴るのではなく
敵を挟みこんでやりましょう!!

挟みこみながら敵を殴るには
追従しながら殴る事も出来なければ
いけません。

そこで敵を追従しながら殴る方法を
以下の記事に書いたので
参考にしてみてください。

lol 近接チャンピオンの殴り方の基本 追従しながら殴ろう!!練習編

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Twitterもしてるのでフォローしてね♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク