【6年間の実体験】LOLは神ゲーかクソゲーか?

lol-神ゲー-クソゲー

私はLOL(League of Legends)というゲームを始めてから
かれこれ6年間が経とうとしている。

始めたのは2013年の夏頃でシーズン3の中盤あたり。

当時は日本にサーバーはなく、NAサーバー(アメリカのサーバー)でプレイをしていた。

120pingのまったり動く世界は懐かしさを感じる今日この頃である。

さて本題に入ろう。

LOLは神ゲーか?それともクソゲーか?

このゲーム、本気で対人戦をしたい人にとっては神ゲーです。

その理由をこれから解説していこう。

その昔、PCのオンラインゲームRPGが流行っていたころ
だいたい課金しまくるか、廃プレイで圧倒的にほかプレイヤーと差をつけるしか
勝ち目がない時代があった。

(当時、流行っていたオンラインゲームRPGはリネージュ2とAIONである。)

(今はスマホゲーがその流れを引き継いでるのかな?)

その流れにほとほと疲れていた当時の私がLOLを初めてプレイした時の評価は

  • 『無課金で対人戦ができるだと!?』
  • 『しかも装備が試合毎にリセットされるから廃プレイしてお金稼ぎや廃課金をしなくていいだと!?』
  • 『PVPしたい人にとっては神ゲーきたこれ!!』

こんな感じでジャングルで迷子になって敵陣の青バフを殴っていたのを覚えている。

今となっては懐かしい思い出である。

そこから知識をつけて、好きなチャンピオンを見つけては熟練度をあげて
アップデートのたびに試行錯誤をしては挫折して
これらの日々を思い返してみると

クソゲーと言われながらも
なんだかんだで神ゲーなんだなと思う。

私がゲームを始めてから辞めるまでの年数を調べてみると
だいたい4年であった。

そう考えるとLOLをプレイして6年でり
すでに2年もオーバーしているので
クソゲーと言いながらも続けているのだから神ゲーと言わざるを得ない。

最近、トリンダメアというチャンピオンがすごい楽しくてしょうがない。

このゲーム、アタックスピードを積むと
とても気持ちよくなれるので
アタックスピード系のチャンピオンを使うのをおすすめする。

ちなみにランクはプラチナまで上り詰めた。

【実体験】lol プラチナになるには1つのチャンピオンをやり続ければなれます

この後、プレイしすぎたのかマウスがぶっ壊れてしまった。

つまりクソゲーと言いながらも
やっぱり神ゲーなのだ。

このゲーム、アップデートが頻繁に行われるので
初心者にとっては敷居の高いゲームと言われている。

だが、慣れてくると圧倒的に世界が広がるので
諦める前にぜひプレイしてみてほしい。

ちなみに初心者はオールミュートしてプレイするのがおすすめです。

他人の発言を真に受けて一喜一憂するだけ無駄なので。

自分のプレイを極めて
長い事、このゲームと付き合っていきましょう。

それでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事