Windows10にアップグレードしたらPCが再起動を繰り返して死に掛けた話

Windows10-ブルースクリーン-再起動を繰り返す

2016年の7月末でwindows10の無料アップデートが
終了するとの事でとりあえずアップデートしとくかぁ
というノリでアップデートしたら
痛い目にあいましたという話をしていきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Windows10ログイン後、数秒でPCが再起動する…

Windows7からWindows10にアップデートが終わり
ログイン画面が現れてログインしました。

この時点で

『よし!無地インストールできた!エラー無くて良かった(ホッ』

こんな感じでホッとしていました。

ホッとした矢先にブルースクリーンですよ。

『ブルースクリーン…だと…』

SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED

エラー内容を検索してみると
どうもインテルグラフィックスドライバに
問題がありそうだという事が分かった。

パソコンのスペックを書いておく

パソコンのスペックは

OS Windows7 professional 64bit

プロセッサ i7-3770 3.40Ghz
メモリ 16GB
ビデオカード Geforce GTX 750Ti
マザーボード ASROCK Z77PRO

こんな感じになっている。

Windows10アップデート後ではなくアップデート前に対処しなくてはならない

Windows10のブルースクリーンエラーの発生で
一番の罠だと感じたのが

グラフィックドライバは
自動でアップデートされないので
自分でアップデート前に入れておく必要がある。
という事なのだ。

(厳密に言えばWin10ログイン後にnVIDIAのドライバ更新のチェック処理が行われていた)

Windows10アップデートの通知の画面では
互換性は問題無しとか
インストール済みのアプリは大丈夫だとか
空き容量も大丈夫だとか

安心させるようなチェック項目が出てるから
安易にアップデートしてしまう。

これがWindows10アップグレードの罠だった。

Windows10アップグレード中に
更新プログラムのインストール処理が
されているのを見て

『あぁ。きちんと更新チェックしてるじゃん』

と安心してしまう。

だが、インテルグラフィックドライバと
ビデオカードのドライバは
更新されていなかった。

(厳密に言えばWin10ログイン後にnVIDIAのドライバ更新のチェック処理が行われていた)

ここでWindows10とドライバ同士で
トラブルが発生し
ログインして数秒後にブルースクリーンになり
再起動を繰り返すようになる。

ログインして数秒後に再起動だから
新しいドライバの更新をアプリから行っても
実行中にブルースクリーンへ進むので
もうお手上げ状態だった。

このままブルースクリーンを繰り返されたら
システムファイルそのものがぶっ壊れて
二度と立ち上がらなくなるのではと
危険を感じたので一度Windows7に戻そうと試みるが…。

Windows7に戻す作業中に『再起動しています』画面で止まったまま…

Windows10-再起動していますで止まる

Windows10はブルースクリーン後の再起動で
グラフィカルなアイコンでトラブルシューティングの
画面が出てきて操作が分かりやすい。

ここでwindows7に戻すために
『以前のビルドに戻す』を選択し
アップデート前の状態に戻す作業を行う。

だが…『再起動しています』の画面で
止まったまま再起動しないではないか!!!

あまりしたくはなかったが
電源ボタン長押しでPCの電源をOFFにし
再起動させてWindows7に戻す処理を再開させた。

Windows7に戻して不要なプログラム削除とドライバをWindows10対応のもにする

  • VIRTU MVPをアンインストール
  • ビデオカードドライバをWindows10対応のものをインストール
  • インテルグラフィックドライバをWindows10対応のものをインストール

やはりシステムバックアップイメージは大事だよねって話

最初に話したとおり
Windows10のアップグレードの通知で

『君のパソコンは大丈夫、問題ない』

という通知内容をを見て
安易にアップグレードしてはダメだという事は分かった。

なのできちんとWindows7のシステムバックアップイメージを
取ってからWindows10にアップグレードをする。

まとめ

無事にWindows10のアップグレードが終了した。
ブルースクリーンもなく正常に動作している。

Windows10アップグレードする際の注意点は

  • バックアップをきちんと取ってから行う
  • グラフィック系のドライバはあらかじめWindows10対応のもにしておく
  • ログイン後に更新チェックは掛かるけど、実行中にブルースクリーンになる場合があるのであらかじめWindows10のグラフィックドライバを入れておくのが無難
  • Windows10に対応していないプログラムはブルースクリーンの原因にもなるので削除しておく

1ヶ月以内であれば元のバージョンのOSに
戻せるそうなので使って見る事にしたが

どうも気に食わない事が多いので
1ヶ月もしないうちにWindows7に
戻す事になるでしょう。

Windows10のクソなところを別の記事に
まとめるので興味があればそちらをご覧ください。

Windows10がクソOSすぎて笑えない話

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Twitterもしてるのでフォローしてね♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク