TFT 【レンジャー4シナジー評価】構成を考えてみたが1位を取るのは難しい件 – パッチ9.13

TFT-レンジャー4シナジーの可能性について

TFTで1位を目指すためにいろいろシナジーを試しています。

今回、紹介するのはレンジャーシナジーです。

結論から言うと、正直、ソーサラーやアサシンにカモられやすい構成なので
1位を取りにいくのは難しいと思います。

レンジャー4にするまでの過程の話と
どのように構成を組んでいけば良いのかを解説していきます。

レンジャー4シナジーの構成や配置について

レンジャーシナジーは2名で小さな効果を得る事ができるので
簡単に作りやすいのですが
4シナジーになると、キンドレッドを拾わなければいけません。

コストが4なので出現率は少ないので
シナジー4が完成するまでの時間がかかるので
効果を発揮するまで威力を感じることが少ないです。

レンジャーシナジー4を目指す場合、キンドレッドがファントム持ちなので
ファントム2+レンジャー4の6人PTの構成が基本形になると思います。

順序的にはモルデカイザー(ファントム+ナイト)を取得してタンクになってもらい
あとはレンジャーを揃えながら構成を組み立てていくのがベター。

ここから勝負の話になっていきますが
レンジャーは遠距離攻撃は得意なのですが
いかんせん打たれ弱いです。

なのでアサシンに突っ込まれたりすると1発で溶けてしまいます…。

つまりアサシン構成で挑まれると一瞬でレンジャー崩壊するわけです。

そして残りのタンクのモルデカイザーを倒せば
あっさり負けてしまいます…。

これがレンジャー4シナジーの弱いところなんですよね…。

ファントム効果で敵1人を瀕死の状態に持っていくことはできるのですが
後ろの敵にファントム効果が飛んでしまうと
手前の敵から攻撃するレンジャーばかりの構成だと倒しきれずに終わります。

つまりファントム効果も手前の敵に決まってくれ!というお祈りゲーになって
あまり意味を成さない構成だなと感じます。

レンジャー4シナジーのアイテムについて

モルデカイザーがナイトなので、もう1人ナイトを追加して
ナイト2のシナジーをもらいながら戦う事になると思います。

タンクアイテムを確保して最低でもナイト1人の耐久力を挙げましょう。

次に、レンジャー4、もしくはキンドレッドが手に入るまでは
レンジャー2か3だと思うので

攻撃を受けるレンジャー1名はタンクアイテムを積むと戦いやすくなります。

対アサシン系にはファントムダンサーもしくはフローズンハート、
対ソーサラー系にはドラゴンクロウを積むのがいいです。

これでだいぶ戦えるようになると思いますが
いかんせん火力が乏しくなるので
ソーサラーやアサシンが主流の現在(パッチ9.13)では
1位を取るのが難しいんですよね。

うまく上位に組み込んで3位が限界でした…。

レンジャー4シナジーで何回か挑戦しましたが
現状、柔らかい上にあまり火力が無いので厳しいですね。

パッチ変更で強くなるまでは
レンジャーは2で止めて他のシナジーで遊びましょう。

ファントムシナジーの解説は以下の記事でしています。

TFT ファントムシナジーを入れると敵1人が瀕死状態になるけど構成配置が難しい件【パッチ9.13】

1位を獲得してきた実体験の中でTFT Tier Listの最強ランキングを作りました。
どのシナジーが強いのか、興味があればご覧ください。

TFT Tier List 最強ランキング TOP15【全て実体験】- パッチ9.13

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事