TFT パイレーツシナジーで勝ちたいなら、お金でリロールガチャしまくって星3を急げ!! – パッチ9.13

世の中、『お金が全てを解決してくれる』

そう聞いたことは無いだろうか?

TFTの世界でも、お金で物事を解決できるシナジーが存在する。

その名も『パイレーツ』

このシナジーは戦闘終了時に宝箱が出てお金を手に入れる事ができる。

そのお金を使ってリロールガチャでチャンピオンを引きまくり
誰よりも早く星3に強化する確率を上げ、勝利を我が物にするのだ。

つまり!TFTの世界でも『お金で全てを解決してくれる』という訳だ。

これを聞いてパイレーツがやりたくなっただろう?

以降の章で、シナジーの使い方を解説してく。

パイレーツシナジーの組み立て方

まずはパイレーツシナジーを持っているチャンピオンを把握しておこう。
下に進むにつれてコストが高く、出現率も低いものとなっている。

  • グレイブス(パイレーツ+ガンスリンガー)
  • パイク(パイレーツ+アサシン)
  • ガングプランク(パイレーツ+ガンスリンガー+ブレードマスター)
  • ミスフォーチュン(ガンスリンガー)

効果は3人で完成で、戦闘終了時に宝箱が出てお金をもらえる仕組みになっている。

相性の良いシナジーについて

パイレーツシナジーで戦う場合、
相性がいいのはガンスリンガーとノーブルとアサシンだろう。

これらのシナジーは序盤から手に入りやすく
作りやすい上に、強いものばかりだ。

なのでパイレーツ完成まで、この3つをサブシナジーとして使うのが良いと思う。

序盤の組み立て方

まずは以下の2名を確保しよう。

  • グレイブス(パイレーツ+ガンスリンガー)
  • パイク(パイレーツ+アサシン)

ここからガンスリンガーを取るか
アサシンを取るかの2択になるが
ルシアン(ガンスリンガー+ノーブル)がいるなら
ノーブルルートでも良いと思われる。

どれも集めやすいので、出現時に決めていこう。

中盤の組み立て方

ガングプランクがいまいち出現率が低いのか
揃うまでに時間がかかってしまう。

なのでガンスリンガー部隊とアサシンもしくはノーブル部隊を
優先的に育てるしかない。

戦闘終了時にお金が手に入るので徹底的にリロールガチャをして
チャンピオンを揃えていこう。

終盤の組み立て方

お金を使い込んだ結果、星3チャンピオンがゴロゴロいると思う。

特にトリスやグレイブスあたりは星3になっているのではないだろうか?

とにかく星3を急いでアサシン、ノーブル、ガンスリンガーの
何れかが育てば上位に組み込めるのは間違いない。

リロールガチャで引き運の強さを祈ろう。

経験値を買ってもよし。

その場合、後1名誰にするかになるが
ミスフォーチュンぐらいだろう。

後半でお金を使うのはこのぐらいなので
前半からお金をガンガン使っても問題ない。

おわりに

パイレーツ構成でブレードマスターまで入れ込んだ
豪華キャストのシナジーで1位を取りました。

配置と構成の画像を参考までに置いときますね。

TFT-1位-シナジーーパイレーツ+ガンスリンガー+ノーブル+ブレードマスター

TFT-1位-シナジーーパイレーツ+ガンスリンガー+ノーブル+ブレードマスター構成ー配置

ノーブルに派生したい場合は以下の記事が参考になると思います。

TFT ノーブル6シナジーで1位をとった時の構成の組み立て方 – パッチ9.13

ちょっと難易度が高いですがブレードマスターに派生させたい場合は
以下の記事が参考になると思います。

【TFT 難易度高めのシナジー】 ブレードマスター6構成の正しい作り方 – パッチ9.13

1位を獲得してきた実体験の中でTFT Tier Listの最強ランキングを作りました。
どのシナジーが強いのか、興味があればご覧ください。

TFT Tier List 最強ランキング TOP15【全て実体験】- パッチ9.13

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事