Windows10にしてLOLをプレイした時に不具合は出たのか?

Windows10にアップグレードして
LOLプレイヤーが気になる事といえば
不具合はあるのか?ないのか?

ではないでしょうか?

そこで今回は
私がWindows10にアップグレードして
LOLをプレイ中に遭遇した不具合を書いて行きます。

LOL日本鯖のクライアントの文字がズレて落ちる

lol-win10-不具合-クライアントの文字が落ちてクライアントも落ちる

サモナープロフィールのボタンを押すと
自身のプロフィールとか対戦履歴とかの
情報が表示されますよね。

そこのプロフィールやらリーグやらの
文字列の位置がおかしくなって
下にズレ落ちた状態になる場合があり

ついでにクライアントも強制終了する
場合があります。

LOL中国鯖のプレイ中にブツブツ止まる

LOLをプレイしていると
動画がプツプツ定期的に止まるかのような
動きになる時がある。

以前のWindows7でも同じような現象があったが
今では正常に動いている。

Windows10がクソOSすぎて笑えない話

この記事の『動画がブツブツ止まる』
の章で書きましたが

Windows10は
海外アクセスが弱いのかなと薄々感じました。

NAやら韓国やら台湾やら
もし海外アクセスしている人がいれば
同じような現象が起きるかもしれないので
気をつけたほうが良いと思います。

LOL日本鯖、中国鯖 共通 ウインドウモードで下スクロールが動作しない

lol-win10-不具合-ウインドウモードだと下スクロールができない

LOLをOBSで配信している人はわかると思いますが
ゲームキャプチャが上手く動かない場合が多い。

その為、ウインドウキャプチャを使って
配信している人が多いのではないでしょうか?

私はOBSのウインドウキャプチャが
上手く動いているか確認するのに
LOLのプレイ画面をウインドウモードで
動かしていました。

ですがWindows10で
LOLをウインドウモードでプレイすると
下スクロールが動きません。

なので下に行く事が出来なくなります。

これは日本鯖、中国鯖ともになったので
全世界共通かもしれませんね。

ちなみにフレームなしウインドウモードだと
普通に下スクロールします。

Windows10 LOLプレイ 不具合 まとめ

Windows10があまりにもクソOSだったので
Windows7に戻しました。

なのでまだまだ不具合が浮き彫りになってない
箇所もあると思います。

Windows10の体感の弱さを語ると
文字列描画と描画の位置情報
そして海外アクセスが
弱いのかなと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事